審美歯科の治療法の種類

審美歯科の治療法には、以下のような種類があります。

一つ目は、「ホワイトニング治療」。



歯にジェルなどを塗り、漂白します。

審美歯科で行う「オフィスホワイトニング」と、自宅でできる「ホームホワイトニング」がありますが、並行することで色戻り(白くした箇所が、再び元の色に戻ってしまう現象)を防止することができます。


二つ目は、「オールセラミッククラウン治療」。


歯の周りを削って、「クラウン」と呼ばれるセラミック製の被せ物を設置します。


「歯の色を明るくする」「歯並びを整える」「歯の形を整える」といった効果があります。



クラウンは、長く使っていても変色しない素材でできているので、自然な色を保つことができます。三つ目は、「セラミックインレー治療」。

虫歯治療の跡などに、セラミック製の詰め物を入れます。
大きく口を開けた時など、治療痕があると目立ってしまいますが、これを入れれば隠すことができます。

金属ではないので、見た目も自然な感じになりますし、金属アレルギーの人でも大丈夫です。

四つ目は、「インプラント治療」。

ロケットニュース24に関する問題解決をサポートいたします。

歯がなくなった個所に、「インプラント」と呼ばれる人工の歯根を埋め込み、その上にセラミック製の歯を被せます。インプラントは骨と結合させるので、入れ歯のようにぐらつかず、自分の歯と同様の感覚で食事を摂ったりできます。

これらの審美歯科治療においては、材料や方法などよりも、「医師のセンス」が仕上がりに大きな影響を与えます。