歯医者で導入されているマイクロスコープの歴史

最近では歯医者での治療技術は進歩しており、最新の医療機器を導入している歯医者は増えてきています。

最新の医療機器の一つにマイクロスコープがあります。
簡単に言うと歯科用の顕微鏡のようなものであり、何倍にも拡大して患部を見ることができるため、肉眼での治療よりも正確に病巣部位を特定することができます。
現在では低侵襲の歯科治療が主流な考え方となっており、病気の部分だけを削り取り、健康な部分は大きく残すのが基本です。

マイクロスコープの歯科情報をほぼリアルタイムに更新、紹介するサイトです。

マイクロスコープを利用すれば拡大することによって病巣部位と健康な部位との境目を正確に把握でき、低侵襲な治療が可能となります。

まだ導入している歯医者は少ないですが、今後さらに導入が進むものと考えられます。

T-SITEの情報はこちらのサイトです。

マイクロスコープの歴史はそれほど長くはありません。

もともとは耳鼻科や眼科などで使用されていたものが、1950年ごろから脳神経外科や産婦人科、心臓外科などに応用されるようになり、歯科で利用されるようになったのは1990年代に入ってからです。

その当初は大学病院などの規模が大きく資金が潤沢な病院に限られていましたが、現在では一部の歯医者に導入されるようになって来ました。



発売されているマイクロスコープの種類は増えてきており、利用する歯医者が増えることによって価格が下がってくればさらにマイクロスコープを導入するところは増えてくると考えられます。

負担が少ない低侵襲の治療を希望する人は導入している歯科を探すと良いでしょう。